仙人温泉トピックス

仙人谷に韓国語の歌声が響きました。
(田中さん報告 2015年8月2日撮影、8月8日掲載)

8月2日に韓国の方が2名宿泊されました。
風呂上りに脱衣所で歌っていたので、撮影させて頂きました。
建設会社の会長の元昌善(chang seon Won)さんです。
1番は小屋の主人や黒部で出会った人への喜びを
2番は素晴らしい黒部の風景を見ることが出来た嬉しさ
を歌っています。

クリックしますと動画がご覧頂けます。
■1番
いや、いや、遊びなさい。
昨夜の夢で雁を見た。
今朝はアオギリの木の上にツバメが来て鳴いていた。
(良いことが起こりそうだ)
待ち望んだ手紙が来るだろうか。
恋しい人が、いつ来るかと、待ち望んでいた。
夕日が沈むまで、町の外れの門まで、何度も行った。
有情の人に出会い、花柳東山春風の里で、別れることなく生きよう。
あなたの時です。遊びなさい。

■2番
1年は365日で、春夏秋冬の四季がある。
葉が出て、花が咲く。
花は朝に咲き、月は夕に昇る。
春は4月に南風が吹き、黄金色の大麦だ。
緑の陰にも草が香る。
夏は金風が吹く。
風が物寂しく吹いて来て、虫の声が周囲で悲しく鳴いたら、秋だ。
白雪が舞い、千の山で鳥が飛ばなくなり、万の道で人影がなくなり、松の青、竹の緑だけが見えるときは、冬である。
70歳まで長生きする者は、昔から非常に少ない。
歳月は飛ぶように流れ、無情だ。
四季の風景は良いものだ。
あなたの時です。遊びなさい。


戻る