仙人温泉トピックス

高橋仙人 危機一髪 助かる
(田中さん報告 2015年9月27日掲載)

9月17日の朝、高橋仙人が雪渓の状況を確認に行きました。
小屋に戻ってくると「俺が乗っていた雪渓が落ちたよ。3mぐらい落下したかな。」とのこと。
外傷はなく、左の脇腹と尻が痛いと言います。真下に着地した直後に、体の右側から雪の塊に押しつぶされそうになり、左側が岩にぶつかったそうです。
歩くことはできますが、しばらく養生が必要です。
「登山者じゃなくて、俺でよかった。」と痛みに耐える仙人。続きは、小屋番日記をお読み下さい。


戻る