仙人温泉小屋 トピックス

小屋番日記
7月8日〜8月3日
(高橋仙人 2016年8月7日掲載)

8月3日。晴れ。
唐松岳に雲がかかっている。あまり良い天気とは言えないが雨は降っていない。
朝食後、まだ開放していない押し入れの整理をした。古い毛布と布団は焼却処分をする事にして、使える物だけを残した。
14時半にTさんが到着。担ぎ上げて貰った野菜を受け取って、本日の作業は終了。4時間ほど歓談をして消灯。


8月2日。曇り。
今日は何時雨が降り出してもおかしくない天気だ。布団がまだ半分干せていないのでもどかしいが、仕方がない。
9日のへりで荷揚げする食材を確認して業者に電話をする。天気と登山道が安定しないのでへりを頼むのにちょっとためらいがある。
14時から雨になった。16時過ぎに宿泊者が一人到着。
警備隊から登山道を通行止めにした旨の電話があった。


8月1日。快晴。
久しぶりに朝から良い天気に恵まれた。今日は布団が干せる、と確信が持てた。
トタン屋根が熱くなった8時半からMさんと手分けをして布団を干す。屋根一杯に布団を広げるのに2時間かかった。
天気予報では午後に急な雨が降ると云うことだったので、13時に布団を室内に格納した。予報通り15時半から雨が降り出した。
山岳警備隊から電話があって、剣沢雪渓が危険な状態になったので、登山道を閉鎖したい、と云う旨の電話が昼時にあった。


7月31日。晴れ時々曇り。
流しのお湯が出ないので源泉まで行って調整をした。二時間の作業でお湯は万全の状態になった。
10時から洗濯をして少し早い昼食にした。
昼寝をしたら夕立があって目が醒める。登山道の雪渓が悪いので、午後は人通りが絶えた。


7月30日、曇り。
今日も布団は干せる天候ではない。
登山者も極端に少ないので開店休業状態だ。
細かい片付けをして昼からは休養。
夕方に県警の救助隊から電話があった。雪渓の状態が悪いので登山道を通行止めにしたいと言う電話だった。昨年は残雪が多すぎて通行止め。今年は雪渓が少なすぎて通行止め。自然の成り行きに委ねるしか方途がない。


7月29日。晴れ後曇り。
朝は陽光が降り注ぐ晴天だったが、9時頃から陽が陰った。布団を干す予定だったが中止して、シ―ツの洗濯だけにした。
MさんとTさんにフキを採りがてら温泉の様子を見てきて貰った。本日は流しにお湯を引く工事を済ませる予定。
細かい仕事を済ませてお湯の工事を終わらせた。16時過ぎに欅平からの登山者が到着。夕食の用意を始める。
剣山荘からの二人組が到着したのは17時半過ぎ、ちょっと遅い。
19時半まで歓談して8時、消灯。


7月28日。曇り後晴れ。
どうやら本格的な梅雨明けのようだ。が、まだ布団を干せる天気ではない。湿気が多すぎる。
昨日のトイレ工事を続行する。11時に洋風便器は使用可能になった。
昼前に夕食のモツ鍋の調理を始める。
仙人峠まで登山道の状況を見に行ったTさんが昼を過ぎても帰らない。Mさんと昼食を済ませる。
宿泊者が一人だったので、夕食はMさんとTさんに任せた。17時半、夕食開始。食後のコーヒ―を飲んで消灯。


7月27日。雨。
4時まで激しい雨。遠雷の音が時折聞こえる。
水の出が悪い。雨の様子を見て修理に行こうと思う。お湯も止まってしまった。
8時に橋が心配なのでMさんに様子を見てくれるように頼む。Mさんは橋の点検を終えたその足で、お湯の修理をしてきてくれた。
9時からMさんと水の修理に水源まで行く。大雨でパイプが詰まっていただけでした。
小屋に帰り昼食を済ませて少し横になった。
午後は和風便器を洋風に改造する工事に着手した。仙人とMさん、Tさんで16時まで作業をすると急に激しい雨夕立になった。その日の作業は中止して夕食の用意をした。
20時消灯。


7月26日。雨。
深夜に目が醒める程の雨音。Tさんが上山する日なので心配になる。
朝食を終えても雨は降り続いている。本日の作業は中止として休養する事にした。
Tさんが14時前に到着。1ヶ月ぶりの再会だ。荷揚げしてくれたトマトを肴に飲み始める。美味い、の一言に尽きる。
夜はカレーとキュウリ揉みで酒を飲む。20時消灯。


7月25日。曇り後雨。
小森さんが下山した。
西側の通路に屋根をかけて、燃料置き場を造った。
昼にパラパラっと雨が降った。
19時過ぎに本格的な雨になった。
20時消灯

(7月10日〜24日の日誌はこちらをご覧下さい。)

7月9日。雨。
強い降りではないが止みそうもない雨。だからと言って、作業を休む事はできない。
雨具を着て水引の工事に取りかかる。
イヤーの伸ばし作業を終えたところで雨が強くなった。
ラーメンライスで消灯。


7月8日。曇り。
梅雨が明けたような天気。とにかく暑い。
旧道が使えないので雲切新道から仙人温泉小屋を目指す。無風状態なので汗が止まらない。息が上がって心臓が苦しくなる。
13時30分に小屋に着いた。水が止まっていたので修理に行く。
その日はそれで作業を終えた。


戻る